ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

初めてのハワイナビ旅行
ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

日本→ハワイ 税関と出国審査について

2016/02/21
ハワイ旅行の空港

出国手続きの最後は税関と出国審査です。

税関で手続きが必要な場合は、外国製品を持っている場合・100万円以上の現金を持っている場合・銃砲、超高性能PCなどを持っている場合です。

申告する場合は申告書を記入し、提出します。外国製品の申告をしないで出国してしまうと、帰国時外国で購入したものと区別がつかず、課税されてしまう場合があるので忘れずに申告してください。

 

 

分からない場合は空港のスタッフに直接確認したほうが確実です。
何だか難しくて理解しにくい…と思いませんでしたか?

安心してください!ハネムーン旅行や観光に行く人は日本を出国する際に申告するものは特にないと思います。

気をつけて欲しいのは高級な腕時計やお財布やキーケースなどは日本へ置いていくようにすれば、特に気にしなくても大丈夫ですよ。

 


出国審査
では、カウンターが日本人用と日本人以外の国籍を持つ人に分かれているので、並ぶ時に気を付けてください。

順番がきたら、パスポートと搭乗券を係員に渡し、出国のハンコを打ってもらい完了です。

特に質問されることはありませんが、もし質問をされても相手は日本人ですので言葉も分かるし、言われたことに対して正直に答えれば大丈夫です。

 

税関に申請するものがなければ、保安検査の後そのまま出国審査口に進みます。混んでいなければ5分くらいで通過できますよ!

ディズニーランドとかのテーマパークの入場ゲートみたいな感じになっているので、スタッフの人が、空いている番号のゲートに進むよう案内してくれます。

 

何事もなく手続きが終われば、出国手続き完了です!飛行機の搭乗時刻までの間、免税店でのお買い物を楽しめます。
免税店はルイヴィトンやGUCCIなどの高級ブランドショップや マクドナルド、売店、本屋など様々なお店があります。

休憩所もあり、シャワールームもあるのでくつろぐことも可能ですよ(^ ^)

スポンサードリンク

免税店でオススメな商品

日本の免税店では、日本の文化のものがたくさん置いてありました。扇子や日本語Tシャツ、凧、お箸、全国各地から集められた各都道府県の特産品、お菓子等珍しいものがいろいろあります。

日本の行ったことのない都道府県のお土産を見たり、免税店でしか購入できないものを買ったりするのも楽しいと思います!

私たちは、ペットボトルの飲み物やお菓子、ガム、メイク落としなどを売店で買いました。ブランド品は海外のほうが安いので、ハワイで買おうと思い成田空港の免税店では買いませんでした。

 

飛行機出発時間が20時45分だったので、機内で夕食が出ないと困ると思いマクドナルドでバーガーとポテトを食べました。免税店のマクドナルドはドリンクのサイズがアメリカサイズでした!!(笑)結局、機内で夕食が出てきたのでマクドナルドで食べる必要はなかったです…お腹いっぱいで機内食を食べるのはキツかったです。

 

出国審査後2時間弱くらい待ち時間がありましたが、免税店をぶらぶらしたり、マクドナルドで飲食していたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

免税店だけでも、なんだかワクワクしてハワイに旅立つ前にテンション上がっちゃいました〜!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
PAGE TOP
kagoya