ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

初めてのハワイナビ旅行
ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

ハワイまでの飛行時間は苦痛なので快適に過ごす方法を考えました

2016/09/24
ハワイまでの飛行機が苦痛

ハワイ行くのに楽しみで飛行機に乗ってみましたが、成田空港からハワイ到着までデルタ航空で8時間もかかりました・・

ハワイに到着したのは良いけど帰りも考えると憂鬱になってきます。ここでは、長時間かかる飛行機での過ごし方についてお話します。

 

あなたは長時間、じっとしていられますか?僕はムリです

写真 2015-11-29 20 50 57

ハワイまでの所要時間は行きは約6時間、帰りは約8時間かかります。飛行機の大きさや気流の強さによっても多少時間は変わりますが、この長時間が本当にツライんです。

この飛行時間は食事やドリンクが定期的に配られ、時々トイレに行ける程度ですが、ほとんどずっと座った状態でエコノミークラスだと座席は少し倒せる程度です。飛行機に乗ったことが無い人だと、高速バスや電車に8時間乗っているようなイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

じっとしていられない僕にとっては、この飛行時間がハワイ旅行の中で一番大変でした。

ずっと同じ体勢が少しでも緩和したいならビジネスクラスやファーストクラスに乗ってみてください(笑)

 

ホントは怖い、エコノミークラス症候群とは?

ハワイ旅行はエコノミークラス症候群に気を付けろ

あなたはエコノミークラス症候群って知っていますか?「なんとなく聞いたことある」っていう程度だと思います。僕も飛行機に乗るまではなんとなく知っていました。でも、実は怖い病気なんです。

エコノミークラス症候群は、医学的には「肺塞栓症」「深部静脈血栓症」といいます。長時間同じ体勢でいると脚の静脈の血行が悪くなり、脚に血栓(血の塊)ができやすくなります。もし血栓ができてしまうと、立ちあがって動きはじめた瞬間に血栓が静脈に流れ出し、心臓を通って肺に行き詰まってきます。そして、酸素が供給できなく呼吸困難が起こり、最悪の場合は死亡することもある大変危険な病気なんです。
飛行機内でふせぐ方法は定期的に体を動かすことと、水分補給です。CAさんが定期的にドリンクを配ってきたのはこういう理由があるかも。体を動かすために、1時間に1回程度トイレに行くようにしましょう。トイレに行った時に柔軟体操すると体もスッキリしてリフレッシュします。

トイレに行きたくなくても定期的に行く動作を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

飛行機を快適に過ごすためには?

ハワイまでの8時間をどうやって快適に過ごせるかがポイントになります。僕たちはずっと靴を履いていたくなかったのでスリッパを持って行って飛行機内で使っていました。あと携帯まくらがあると便利かもですね。

デルタ航空の機内はエアコンでかなり涼しいので、ブランケットをかけてアイマスク付けて過ごしました。デルタ航空ではブランケットとアイマスクは付いていましたが、他航空会社ではサービスが変わると思うので確認してみてくださいね。

他にも快適グッズをまとめました。

  • スリッパ
  • 携帯まくら
  • ブランケット
  • アイマスク
  • 耳栓

ハワイ旅行後に思ったのは脚が下がってて同じ体勢だったので、かなりむくみがありました。そこで、脚を高く上げる台があるとむくみが少なくなって、快適に過ごせたんだろうなぁと思いました。

折りたたみになっているので旅行には持って行けそうですね。


ハワイに到着したらすぐに遊びたいと思うので、飛行機の快適グッズはかなり重要です。快適に過ごせないとハワイに到着してもテンション低いままですので是非参考にしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
PAGE TOP
kagoya