ハワイ旅行にクレジットカードが必要な理由

ハワイ行くならクレジットカード クレジットカード

日本人にとって身近な旅行先として利用されるハワイですが、出発する前に必ず準備しておかなくていけないものがあります。

それは現金ではなくクレジットカードということで、もはやハワイ旅行には必須と言えるものとなっています。

現金さえあればいいのではと思われるかもしれませんが、日本とアメリカでは文化の違いや様々な問題から、無いと不便どころか利用できない施設まであるので注意しましょう。

利用できない施設とは旅行にとって最も重要となる宿泊施設のことで、この場合はホテルと言い直しても問題はないでしょう。ハワイだけでなく海外のほとんどのホテルでは、個人手配だけでなく、支払いを済ませたパッケージツアーであってもチェックイン時にクレジットカードの提示を求められます。

クレジットカードはホテルで必要

これは支払うためのものではなく、デポジットの支払いとして利用するものでいわゆる身元保証みたいなものだと考えても問題はありません。

スポンサードリンク

ホテルによっては現金でデポジット払いができるところもありますが、基本はカードの提示となっていて、ホテルによっては泊まることができなくなったなどと余計なトラブルが起こる可能性もあるので事前に準備しておかなければいけません。

また、遠出するためにはレンタカーを借りることになりますが、こちらは現金の支払いに対応しているところはなく、クレジットカードでの支払いが前提となっています。

ハワイでクレジットカードないとレンタカーできない

つまり、カードを持ってこないと車をレンタルできなくなり、せっかくの旅行が楽しめなくなってしまいます。

その他にも様々な施設で利用するためには、現金よりクレジットカードの方が信用されることが多いので、通常は現金よりもカードを持っていた方が良いとされます。

そもそもハワイの治安は日本ほど良いものではなく、強盗などの被害に遭う可能性が高いです。現金を持ち歩いていると、その分だけ被害を受けることになり、旅行のための資金をひとつにまとめていた場合はその後の支払いが何もできずにトンボ返りするハメになってしまいます。

ハワイでは盗難に注意

屋台などの全てのお店でクレジットカードが使えるというわけではないので多少の現金は必要ですが、持ち歩くにしてもせいぜい40ドル程度もあれば十分と言われています。また、現金で支払うよりためには現地の通貨に交換する必要があり、そのための手数料が高くつくことがあります。

その分はカードで支払っておけば少ない手数料で済み、さらに決済額に応じてポイントが貯まるので利用すればするほどお得になるという利点もあります。

このような理由からハワイ旅行にはクレジットカードはないと困ることが多いので、もはや行く際には必ず確認しておかなければいけないアイテムとも言えます。治安の面からも現金を持ち歩くのは危険で、お金を失うだけならまだしも、場合によっては命の危機さえ感じることがあるので注意しましょう。

万が一にカードを紛失したとしても、すぐに利用を停止すれば現金の被害を受けることはないので、そういった意味でもなるべく利用するようにすると安心して旅行が楽しめます。