ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

初めてのハワイナビ旅行
ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

ハワイ旅行前にクレジットカードを作るなら何日前に行うべき?

2016/12/01
ハワイ旅行でクレジットカード

ハワイ旅行だけには限りませんが、海外旅行をするなら今やクレジットカードはほぼ必須と言ってよいアイテムです。

もちろん現金、つまりハワイの場合にアメリカドルを日本円から両替して持っていっては旅行ができないのかと言われるとそんなことはありませんが、現金に比べてクレジットカードはいろいろなメリットがあるからです。

クレジットカードの方が現金よりメリットがある?

一つには、海外では多額の現金を持ち歩くことそのものが危険な場合が多いということです。ハワイは比較的治安もよく、世界の他の地域に比べるとはるかにましとは言えますが、それでも外国であることに変わりはありません。日本国内のような感覚で財布に多額の現金紙幣を入れて出歩いたりショッピングをしたりするのは犯罪に巻き込まれるおそれがあります。

また、現金の場合は、落としたり盗まれたりしては基本的にそれまでです。

もちろん海外でも警察はあり、落し物が持ち主のもとに帰ってくることもありますが、戻ってこない可能性もあると覚悟しておかなければなりません。

クレジットカードはたとえ紛失しても安全

クレジットカードの場合はたとえ落として暗証番号やサインがないと使用できませんし、万が一不正に利用されたとしてもその分が補償される仕組みがあるからです。

また、海外ではクレジットカードは自分の信用を表わすものとしての価値もあります。カードは誰でも持てるものではなく申請や審査がありますから、カードを持っていることはつまり一定レベルの審査をクリアした人、お金の支払いに関してそれなりの信用がおける人というように見てもらえるのです。

単純にお店からある商品を購入するような場合ですとあまり関係ないかもしれませんが、一定の期間を通して何かのサービスを受けるような場合、例えばホテルの宿泊やレンタカーを借りる場合などにおいては、サービスを提供するほうも相手が信用できそうかということを重視しますから、カードの力は大きいです。

もしカードがない場合は、現金での先払いを求められたり、あるいは保証金として一定額のデポジットを求められたりすることさえあります。

海外でのクレジットカードは必要不可欠

このように、海外旅行には不可欠のクレジットカードですが、作るためには申請や審査があります。

基本的に、申込んですぐその場で受け取れるようなものではありません。先にも書きましたが、カードはその人の信用を表わすものということは、裏を返せばカードを作る時点でその人が信用おけそうかどうかというのをカード会社が審査しているということでもあるのです。

当然ながら、この審査にはそれなりの時間がかかります。どんな人であっても、瞬時に信用を判断するようなことはできません。審査にはいくつもの項目、段階があり、その中にはカード会社だけでは判断できず、他の会社に問い合わせが必要な項目もあったりします。

ということで、基本的には少なくとも1週間はかかると思っておくべきです。海外旅行に行くような場合は、余裕を見て最低でも2週間前、できれば1ヶ月前には申込みをしておくことをお勧めします。

クレジットカードの中でもJALカードはポイントも付いてお得です。もちろん、VISAやJCBが選べます。詳しくは下記をクリックです



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
PAGE TOP
kagoya