ハワイ旅行は現金とクレジットカードのどっちの方が多い?

ハワイ行くならクレジットカード クレジットカード

海外旅行の際、現地での支払いをどうするか、頭を悩ませる人は多いと思います。
欧米諸国での文化としては、クレジットカードを利用することが多い事から、キャッシュ(いわゆる現金)はあまり用意せず、大きな出費の際はクレジットカードを利用する、というのが、海外旅行での支払いとしてポピュラーであり、現にガイド本でもそのように薦めるケースが多いです。

では、人気観光スポット、ハワイではどうでしょうか?

言わずもかな、ハワイはアメリカ合衆国の州の一つですので、支払いの時にクレジットカードを用いる習慣が色濃くあります。しかし、ホテルのベルボーイさんや店員さんに渡すチップなどは少額なため、クレカで支払い…というわけには行きません。

ハワイでのチップは現金払い

このようにハワイでは、要所要所で現金が必要になってくる場面がありますので、ある程度の現金が必要になります。現金への両替ですが、一番レートがいいと言われているのが、日本にいる間に国内の金融機関で両替するのが良いと言われています。ですが、金融機関それぞれで手数料がバラバラですので、少しでも効率よく両替したい場合は、各金融機関のウェブサイト等でレートを確認して両替しましょう。当サイトでも現在のレートを案内しています。

また最近では、ネット上で非常にいいレートで両替してくれる会社もありますので、そういったところもキャッシュの準備としてはいいと思います。

海外旅行時でクレジット払いの時の注意点ですがやはりスキミングです。

特にレストランでの支払い時、ハワイをはじめとする欧米諸国ではテーブル会計が主流ですので、提示したカードが一度、レジまで持って行かれてしまいます。その一時的な瞬間に、店員にカード番号やシークレットコードなどを盗まれて、悪用されるというケースが後を絶ちません。

もちろん、レストランだけではありませんが、海外旅行の場合は、こうしたスキミング事件が横行していますし、また犯行も実に巧妙ですので、クレジット払いの場合は細心の注意が必要です。もし、スキミングされたことが発覚した場合は各クレジット会社に問い合わせしてみましょう。

スポンサーリンク

ハワイでは現金派とクレジット派のどっちが多いの?

では実際、ハワイ旅行の場合、クレジット払いの人と現金払いの人とどちらが多いのでしょうか?一概にどちらが多いというのは判断が難しいですが、TPOによって使い分けている人が一般旅行者では多いと思います。

例えば高級ブティックやDFSなどの免税店、ショッピングセンターなどでの金額がある程度まとまる場合ではクレジットカードを利用し、簡単な飲食や路面店での買い物、またはファーマーズマーケット等の屋台のような場所での買い物の場合は現金払いで、という感覚です。

路面店での買い物の場合でも金額の高いものはありますが、逆にクレジットカードが使えないケースもありますので、いわゆる『市場巡り』的なものを楽しむ予定のある方は、現金を用意しておいた方がいいでしょう。

最低でもクレジットカードは1枚は用意しておいた方が良いです。

ハワイナビがおすすめするクレジットカードは下記の記事をご覧ください。

日本でもハワイでもおすすめなクレジットカードとは?