ハワイ旅行で持っているだけでもお得なカード

ハワイ行くならクレジットカード クレジットカード

ハワイに持っていくクレジットカードの中で最もお勧めできるカードブランドはJCBです。

JCBカードは、海外だと加盟店が少ないので海外旅行する人に支持されない、と聞く人が多いでしょうが、実はそんなことはなく、特にハワイではお得なことだらけなのです。

スポンサーリンク

JCBカードがお得な理由

ハワイで持っているだけで得するJCBのサービスを紹介します。

まずは、ワイキキ・トロリーピンクラインが無料で乗れるというサービスがあります。
ワイキキトロリーバスは、ワイキキの移動の要!特にピンクラインは、アラモアナセンターとワイキキの主要なホテルを結ぶラインとあって、トロリーバスの中でも主要路線といっても過言ではありません。

ハワイのトロリーバス朝9時から10分間隔で運行し、便数が多いので、ショッピングにはかかせないのですが、このトロリーバス、通常は片道2ドルで、ピンクラインだけの1日フリーパスもありますが、お値段は25ドル。

それが、JCBカードを見せるだけで何度でも無料で乗れてしまうのです。

さらに、1枚のカードで、カードの所有者本人を含め、大人2名+子供2名の4人分まで無料になるので、フリーパスが1枚25ドルなことを考えると持たない手はありません。

JCBプラザやラウンジも無料で利用出来ちゃう!

2つめの持っているだけで得するJCBのサービスは、JCBプラザ、JCBプラザラウンジが無料で利用できる、というものです。

JCBプラザとは、世界60箇所にあるJCBの海外サービス窓口ですが、観光情報の紹介だけでなく、レストランやオプショナルツアーなどの予約代行、カードの紛失や盗難にあった場合などの緊急サポートサービスなどを受けられるのですが、うれしいことに海外にいながら日本語で対応してもらえるのです。

さらにプラザ内は無料のwifiも利用できます。海外9箇所にあるJCBプラザラウンジでは、上記のサービスに加えて様々なサービスを無料で受けられます。

wifiが無料なのに加え、プリントアウトサービスも無料で利用でき、さらに無料のドリンクも用意されています。さらに日本語の新聞や雑誌、現地のガイドブックなどの閲覧が自由にでき、マッサージ機やレンタル傘、荷物の一時預かりなどのサービスを利用できます。

JCBプラザラウンジは、ワイキキショッピングプラザの2階にあるので、お買い物しすぎて荷物が増えたとき途中で預かってもらえるなど、かなり利便性が高いです。

ハワイでは、JCBプラザ、JCBプラザラウンジの両方があるので、カードを持っているだけで無料でこれらのサービスを受けられるのです。また、こちらももちろんカード所有者本人だけでなく、家族や友人などの同行者も一緒に入ることができます。

これらのサービスの全ては、上級会員に限らず、全ての会員クラスで受けられるのが最大の特長です。

セゾンなど他のクレジットカードと提携しているカードでもJCBのマークが入っていれば大丈夫ですし、会員費無料のカードでも同じサービスを受けられるので、まだ持っていない人はハワイに行く前に一枚作っておくことをおすすめします。

JCBカードを申し込みするあなたへ、おすすめJALカードを紹介します。