ハワイ旅行で肌がボロボロ・・・キレイな写真を残すために努力したこと

ハワイ旅行で乾燥肌 疑問や不安、悩み

日本に帰国してからハワイ旅行の写真を思い返して見ていると気づいちゃったことがあったんです。

それは、疲れている顔の写真・・。

何枚も見ていると肌荒れもしている写真が出てきました。何回もハワイ旅行に行けない人にとってはせっかくの写真が台無しだとガッカリですよね・・・

そこで、肌荒れ予防するための方法を紹介します。

スポンサーリンク

飛行機の中は乾燥室みたいな感じ

飛行機の中に入って一番初めに思った事は「エアコン効きすぎ・・・」って感じました。車のエアコンだったら風量最強の設定になっている状態です。

このような乾燥室のような機内で、6時間から8時間いることになるので肌はボロボロになってくるわけです。それでいて同じ体勢になるので表情も疲れてきますよね。

しっかり保湿を行わないといけないって実感しました。ボロボロ肌で写真撮りたくないですからね・・。

スポンサードリンク

ハワイのホテルはエアコンが強め

ハワイは1年を通じて暖かい気候なので、冷房エアコンは常に入っているような状態です。その空間で過ごしていると快適なぶん、乾燥肌になる傾向にあります。

ホテル内での滞在中も保湿が重要になってきます。保湿を行わないと写真撮影で疲れた表情になっちゃいますよ。

ハワイの外では紫外線が日本の6倍ある?

ハワイはどの時期でも暖かいので、紫外線もたくさん降りそそいでいます。日本より赤道に近いこともあって、日本の6倍もの紫外線とも言われています。

強い紫外線なので、ビーチも丸一日いる観光客は少なく2から3時間程度が多い印象です。

6倍もの強い紫外線を浴びると肌もボロボロになりがちですよね。日本にいるよりお手入れはしっかりした方がいいでしょう。

肌荒れしている顔で写真撮影は表情が変わってしまいます。

まとめ

ハワイ旅行に行くと楽しくなり、その代わり忘れがちなのが肌のお手入れです。

飛行機やホテル、外出時など日本にいる時よりも肌トラブルになりやすい事がたくさんあります。

そこで、自分に合ったスキンケア用品は持参していくことをオススメします。普段使わない男性でも持って行った方がいいです。

一生に一度の記念写真は良い顔で残したいですね。

スキンケア用品について紹介しています。ニキビでは無い人でも肌質改善できたり、保湿効果抜群ですよ。