ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

初めてのハワイナビ旅行
ハワイ旅行に行った夫婦の体験日記

「てるみくらぶ」問題!今こそ海外旅行へ安心して行ける3つの旅行会社

2017/03/28
てるみくらぶ破産

てるみくらぶの破産問題が2017年3月に起きておりますが、ハワイ旅行へ行く旅行者も他人ごとではありません。

てるみくらぶは、旅行先のホテルなどに代金支払いを行っていないことが明らかになりました。これにより、ツアー客はホテルへのチェックイン時に現地で支払いを行わないと泊まることが出来ない事が起きています。

返金など保証面については、JTBやHISなど大手旅行会社も加盟している「日本旅行業協会」から上限1億2000万円の支払いがあるようですが、被害者が多いため分割すると1人あたり1%程度の返金率になると言われています。例えば、100万円を支払ったツアー客に対しては1万円の返金となり、99万円は返ってきません・・・。

なぜ、このようになるまで「てるみくらぶ」は経営していたのでしょうか?

「てるみくらぶは」2年前から経営悪化していたようで、今回の破産でもずさんな対応が目立っています。てるみくらぶは人件費を抑えてホームページからツアー客を募集してした旅行会社で、大きな企業ではないです。しかし、大きな広告出稿など行っていたようで、かなり広告には力を入れていたようです。私たちもハワイ旅行へ行った時に、てるみくらぶのラッピングバスを見たことがあります。

そのため、ツアー客は広告を見る頻度が多いから安心できる大きな会社、と勘違いしていた方も多い事でしょう。

また今回、てるみくらぶを経営していた山田社長のずさんなやり方も目立っています。山田社長は「会社が破産したので旅行先から自力で帰ってくるように」とこのような対応を行った事は大問題です。山田社長は経営者なので、どんな事してでも誠意ある対応を取ってもらいたいですね。

ここで疑問になるのが、「それだったら安心して旅行できる旅行会社ってどこ?」という問題になります。そこで、旅行会社の規模感などを考え、安心して旅行できる会社をまとめましたのでご紹介します。

まずは比較できるように破産した「てるみくらぶ」の企業情報をご紹介します。

倒産した「てるみくらぶ」

てるみくらぶは、1998年に設立された資本金6000万円の格安旅行会社です。集客方法をネットから募集して、人件費を抑えて経営していました。そのため従業員数は130人ほどです。

広告出稿を幅広く行っていて、テレビ番組「ハワイに恋して」のスポンサーも行っていました。

  • 1998年設立
  • 資本金6000万円
  • 従業員数130人
  • 営業所は全国の主要都市に5店(だったようです)

スポンサードリンク

オススメできる「株式会社JTB」

国内から海外旅行まで幅広く展開しており、旅行会社の王様的存在のJTBです。1963年から創業しておりますので安心できます。また、資本金も23億以上あり大きな企業ということが分かります。

  • 1963年設立
  • 資本金23億400万円
  • 従業員数26,646名
  • 営業所は日本国内に915店、海外に87店、合わせて1002店

JTB公式サイト

こちらもオススメ「株式会社HIS」

1980年設立された大手企業です。海外の店舗数も多いので旅行先でも安心できる旅行会社です。

  • 1980年設立
  • 資本金11億円
  • 従業員数14,380名
  • 営業所は日本国内に386店、海外に134店、合わせて520店

HIS公式サイト

新婚旅行なら「ビューティフルツアー」

新婚旅行をメインにしている旅行会社で、大きな広告は行わず、結婚式場からの紹介でビューティフルツアーを知ることが多いです。私たち夫婦は、結婚式場にビューティフルツアーを紹介してもらい、新婚旅行プランでハワイ旅行へ行ってきました。今回倒産したてるみくらぶと会社の規模感は同等に見えますが、経営方法が全く違います。てるみくらぶは、大きな企業と見せるようにじゃぶじゃぶと広告費に使ってましたが、ビューティフルツアーは堅実主義で広告費をあまり使わず新婚旅行に特化している旅行会社なので、プランも充実していて安心感がありました。

ハワイのヒルトンハワイアンビレッジ内にもビューティフルツアーの営業所があり、旅行先でも安心できます。

  • 2000年設立
  • 資本金8200万円
  • 従業員数62名
  • 営業所は11店

ビューティフルツアー公式サイト

 

いかがでしょうか?今回倒産した「てるみくらぶ」と比較すると、従業員数や経営方法など大きな差があることが分かります。

旅行会社が倒産すると今回の「てるみくらぶ」のように、日本旅行業協会から上限金額1億2000万円の支払いがあるそうですが、旅行客へ全額返金は難しいようです。

そうなるとご自身で安心できる旅行会社を選ぶ力が必要となってくるのです。サッパリ言ってしまうと信じれるのは自分だけで、自己責任となってきます。

もちろん今回ご紹介した旅行会社が絶対破産しない保証はありませんが、大きい会社の方が対応が非常に良く「旅行先から自力で帰ってきてください」という冷たい対応は無いと思います。

また、「てるみくらぶ」のように安い旅行代金で行けるのは、何かしらの理由があるので保証を買うつもりでケチらずに旅行会社を決めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 旅行ブログへ
PAGE TOP
kagoya