海外旅行保険はハワイ旅行に絶対必要です!少しでも安く保険に入る方法

海外旅行保険は必要 ハワイに行く準備

海外旅行保険は、海外旅行でケガや病気になった時に必要になってきます。

「数日だけの旅行なのに保険に入った方が良いの?」って思ってしまいますよね。私もハワイ旅行に行く前は思ってしまい保険に入らなくても良いかなって感じていましたが、日本人がハワイで病気やケガをした場合の診療料金はとんでもなく高額になってきます。

日本では国民健康保険がありますので、2割や3割程度の支払いだけで済むので安いイメージがありますが、全て実費負担だったとすると、ちょっとした入院でも100万円以上の高額になってきます。

もちろん、ハワイでは国民健康保険など適用されませんので、旅行中にもし病気やケガをした場合、高額になることが予想されます。

突然の事故やケガから守るためには海外旅行保険が必要になりますので、少しでも安く保険に加入する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ハワイの医療費は驚きの高額!

もし、ハワイで事故やケガをしてしまって病院に行くことになった時、海外旅行保険に加入していなかった場合の医療費はいくらくらいかかるのでしょうか?

ハワイの医療費は自由診療という形になります。自由診療とは、健康保険が適用されない診療の事です。ハワイには国民健康保険などの制度が無いという事ですね。

健康保険が適用されないということは、日本のように2割や3割負担ではなく全て実費負担となり、その費用はかなりの高額となってきます。

それではハワイの病院で受診や入院した場合、どのくらいの値段がかかるのか見てみましょう。

例えば救急車を使用した場合は、日本では無料というのが普通となっていますが、ハワイでは約5万円から7万円程度がかかります。

初診料だけでも1.6万円ほどかかり、入院となったら相部屋で1泊約10万円、手術となると内容によって変わってきますが、最低でも約100万円はかかると言われています。

ハワイで病気やケガをしてしまうととんでもなく高額となってしまう事が恐ろしい事だと思います。

 

もし、ハワイ旅行中に盲腸で緊急入院となった場合を考えてみましょう。初診料で1.6万円、手術で約200万円、入院3日で30万円となるので、合計が約231.6万円と高額となってきます。私にはこんな金額を払うことが出来ません。

妊婦に起こった悲劇

また、日本の病院の看護士さんが教えてくれた話ですが、臨月の妊婦さんが日本の病院に定期的に通院していたにもかかわらず何も相談せずに、こっそりハワイ旅行に行ったそうです。いわゆるマタニティ旅行ですね。

ハワイに到着して楽しんでいたら、陣痛が起きてしまいハワイでなんと早産・・・。

手術費用や入院費用などで合計数千万円の高額な値段となったようです。ちょっとした家が建てられる金額ですよね・・。

 

さらにそれだけでなく、赤ちゃんにはパスポートがありませんし、生まれて間もない赤ちゃんを飛行機に乗せることはできません。

そこで、パスポート取得や赤ちゃんが育つまで数か月のハワイ滞在したという・・。その間の旦那さんはというと、一時帰国して仕事復帰・・。

マタニティ旅行で海外はとんでもなく恐ろしいということです。

病気やケガは女性だけではありません。

歯医者などにも行って治療してもらう事が大切になります。もし、ハワイ旅行中に、歯痛が起きてしまったら歯医者に行くことになるでしょう。

しかし、歯医者でもとんでもない金額を請求されてしまう事があります。

海外旅行保険に加入していなくてハワイ旅行中に病院に行くことが起きた場合、数百万円はかかるものと思っていてください。

やっぱり海外旅行保険に加入は必要という事ですね。

私達はツアー会社のハワイ旅行プランで行ったので、ツアー会社おすすめのAIU海外旅行保険に加入しましたが、海外旅行保険にわざわざ加入しなくてもお得に保険に入れる方法と見つけてしまったのです。

クレジットカード付帯の旅行保険を利用

クレジットカードに加入すると海外旅行保険が付帯してくるタイプがあります。そうすればクレジットカードは利用できるし、海外旅行保険も付帯されるので、手続きも簡単です。

海外旅行保険に加入すると費用がかかってしまいますが、クレジットカードの付帯でしたら保険費用を払う事なく加入できてしまうので、安く加入することができるのです。

もちろんクレジットカードの海外保険もAIU海外旅行保険同様の補償内容も付いてきます。

  • 傷害死亡
  • ケガの治療費用
  • 病気の治療費用
  • 携行品の損害費用
  • 賠償責任の費用

海外保険を選ぶうえで、しっかり補償されているかどうかが大切なポイントとなってきます。

そこで、私が見つけたおすすめの海外保険付きクレジットカードをご紹介します。

リクルートカード

リクルートのクレジットカードリクルートグループで発行しているクレジットカードで、補償金額もたっぷりあります。

  • Mastercard(R)・Visa・JCBの場合:最高2,000万円の海外保険
  • 年会費永年無料

旅行中の事故や病気、ケガや携行品の破損などに幅広く補償してくれる保険付きなので安心です。
→リクルートカード詳細を見る

UCSカード

クレジットカードの保険アピタ・ピアゴなどのショッピングセンターから販売されているクレジットカードです。「UCS旅とくプラス」の加入(年会費1,080円)で旅行保険が適用となります。

会員になれば本人以外の家族も保険適用となります。

  • 最高2,000万円の保険

UCSカード

裏ワザを特別に教えちゃいます

最高2,000万円でも病気やケガの内容によっては、安心できる保険金額が支払われるか心配・・。という方にたっぷり補償してもらえる裏ワザを特別に教えちゃいます。

その裏ワザとは、クレジットカードを複数持っていることなんです!

今回、ご紹介したリクルートカードとUCSカードを取得した場合、保証金額は2倍となり4,000万円の保証金額となります。これでしたらちょっとした病気やケガが起きてしまった場合でも安心して治療を受けることができます。

複数のクレジットカードを持てば、1枚はVISAでもう1枚はJCBなど分けることができるのでハワイではかなり便利になってきます。