ハワイ旅行の持ち物リスト決定版!コレを忘れたら楽しめない

ハワイに持っていくオススメ 未分類

私たち夫婦がハワイ旅行で「持って行って良かったもの」や「必要だったもの」をリスト形式でまとめてみました。ズバリ「持ち物リスト完全版」です!

私たちのような心配性の性格でも、つい忘れちゃいそうになったものがありました。ハワイ旅行へ行く直前の方や初めての海外旅行でドキドキしている方に見ていただきたいと思います。

それでは、ハワイ旅行への持ち物をご紹介します。

スポンサーリンク

パスポート

パスポートは当然ですね。これが無ければ日本から出国することが出来ません。ツアー会社のスタッフが教えてくれましたが、旅行当日に紛失する方もいるようですので大切に保管して旅行当日は必ず忘れないようにしましょう。

ESTA(エスタ)

ESTA=エスタはアメリカに入国する方のみ必要な書類です。ハワイはアメリカに属しているので手続きを行わないとハワイへ入国できません。エスタの手続きは旅行前に行います。

エスタについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

クレジットカード

ハワイでは現金よりクレジットでの支払いがメインとなっています。露店のような小さな店舗以外ではほとんどクレジットカードが使えます。私たちはアメリカンエキスプレスとVISAカードの2枚を持っていきました。

私たち夫婦のクレジットカード払いのタイミングは、飲食店やお土産購入時に利用していました。また、クレジットカードの上限金額の枠はハワイ旅行前にチェックしておきましょう。

スーツケース

搭乗する航空機によって規定サイズがあります。私たちは最大サイズのスーツケースを1人1つ、合計2つ持っていき、帰りはスーツケースと折りたたみバッグの3つになって帰国しました。
「大きなスーツケースを持っていない」「スーツケースが無い」という方はレンタルする方法もありますので活用してみてはいかがでしょうか?
DMM.com いろいろレンタル

日本円

日本のコンビニ的存在となるABCマートでは、日本円が使用できました。また、帰国してから電車や食事など使うので多少は持っておきましょう。

ドル

ハワイはクレジットカードメインといっても露店のような小さな店では現金支払いの場合があります。またベッドメイキングのホテルスタッフへチップを現金で支払いしますので、ある程度の金額は持っていきましょう。ちなみに私たち夫婦は10万円をドル紙幣に換金して、特にチップ用に1ドル紙幣を多く持っていました。

ドルなどの現金を多く持ち過ぎると盗難被害に遭う可能性がありますので注意が必要です。

服装

日本は冬の季節でもハワイは夏です。私たち夫婦は11月から12月にかけてハワイ旅行しましたが日本の気候に例えると盆過ぎの関東地方に感じました。ですので夏服と羽織る程度のシャツは必要だと感じました。

また、ハワイ旅行中に高級レストランなどで食事することもあります。その場合、男性は短パンにサンダルだと入店禁止のところがありますので、フォーマルな服装は必要となります。

3つ星レストランでは、カジュアルフォーマル程度で大丈夫ですが、5つ星のレストランではスーツが必要になります。

ちなみに、私たち夫婦は以下の服装を持っていきました。

  • 男性はデッキシューズ、カラーパンツ、Yシャツ、カジュアルジャケット
  • 女性は半そでワンピースにヒールが高いサンダル

水着

水着はハワイのお店でも販売していますが、サイズが無かったりすることもありますので日本で購入して持って行くことをオススメします。日本が夏以外の時期に水着を探してもなかなか販売していません。そんな時には以下のショップがオススメです♪


サンダル

服装についても触れていますが、高級レストランに行く際に必要となりますので女性はヒールが高いサンダルを持っていきましょう。

ビーチサンダル

ハワイと言ったらワイキキビーチ。ビーチではビーチサンダルは必須アイテムとなります。ビーチサンダルでしたらABCストアで販売していますのでハワイでもすぐに購入できます。

日焼け止め

ハワイは日本の6倍以上の紫外線が降り注いでいると言われていて、ビーチに1日いる人は少ないです。男性でも日焼け止め対策は行うようにしましょう。塗らなくても大丈夫だろうって考えている人は汚く焼けちゃうようです。

私たちは、薄く日焼け止めを塗るとキレイに焼けました。

スポンサードリンク

化粧品(女性)

ハワイで販売している海外製品の化粧品は肌に合わない場合もあり、トラブルがあるようです。ハネムーンなのですから写真もたくさん撮るでしょう。そんな時に顔にブツブツしていたら楽しい旅行も台無しですね。毎日使っている化粧品を持っていくようにしましょう。

ウェットティッシュ

食事に行くとお手拭きをくれるお店は少ないです。ちょっとした時にすぐに手が拭けるように持っていきましょう。

ハンドバック(ショルダ-バック)

買い物などお出かけする際に財布やパスポートが入る程度のバッグが必要です。ひったくりに遭遇しても安全なショルダーバッグやウエストポーチがオススメです。海外で盗難あると日本で起こるより面倒くさいです。

ビニール袋

買い物袋を2から3枚あると、着替え入れなど何かと重宝します。スーツケースの隙間にでも入れておきましょう。

ジップロック

かなり重宝しました。A5サイズくらいを箱ごと持っていきました。着替えやシャンプーなど液体系など荷物に入れるのには大事です。

デジカメ

iPhone等のスマホだけ持っていく方もいますが、夜の撮影となるとぼやけてしまいキレイな撮影できなく残念です。そこでデジカメが必須になります。デジカメだと街灯がある夜の街やビーチでもキレイに撮影できます。

スリッパ

飛行機内で6時間以上も靴を履いていると疲れてきます。そこで折りたたみスリッパです。何回も飛行機乗っている人はスリッパを持ち込んでいる人が多いようです。

ロキソニン(解熱剤)

海外の病院では保険が適用しません。病院に行かないようにある程度の痛みなどにも効くロキソニンは必須アイテムです。日本とは違う気候に体調を崩してしまう人がいるようです。

酔い止め

飛行機の離陸や着陸、また乱気流に巻き込まれると、飛行機は思わぬ揺れ方をします。そうなるとジェットコースターが平気な私でも酔ってしまいました。私の場合は薬を飲むほどではなかったですが、持って行っても損はありません。

歯ブラシ・歯磨き粉

1週間もホテルの慣れない歯ブラシを使うよりいつも使い慣れている歯ブラシや歯磨きを使った方がリラックスできます。